• DesktopVPNとは?
  • ライセンス体系
  • サポート
  • よくあるご質問
  • ダウンロード
  • DesktopVPN Version2.0新機能
トップ > サポート > 各種機能・使用方法 > Desktop VPNクライアント

Desktop VPNクライアント

履歴の消去

Desktop VPNクライアントでは、以前に接続した事があるコンピュータIDを接続履歴としてこれを保持しておりますが、この履歴情報を消去することも可能です。これにより、第三者に接続先PCのコンピュータIDの漏洩を防ぐことが可能です。
この機能を使用するには、「履歴の消去」をクリックします。

リモート接続履歴の消去機能

ページトップ

共有機能

Desktop VPN クライアントからDesktop VPN サーバに接続する時、クライアントとサーバの間でクリップボードやハードディスク、プリンタ 、シリアルポート 、プラグアンドプレイデバイス、サウンドの共有が可能です。

※Desktop VPNサーバの設定で「共有機能の禁止」を行なっている場合、Desktop VPNクライアントの共有機能の設定に関わらずハードディスク、プリンタ、シリアルポートの共有はできません。

クリップボードの共有

クライアントPCとサーバPCの間でクリップボードを共有することができます。
これにより、クライアントPCからサーバPCへコピー&ペーストやサーバPCからクライアントPCへコピー&ペーストなどの操作が可能となります。この機能は以下の設定を行う事で利用可能です。
「Desktop VPN クライアント」の「共有設定」をクリックして、「共有設定」ウィンドウを立ち上げます。
「共有設定」ウィンドウ内の「クリップボードの共有機能を使用する」にチェックをして「OK」をクリックします。(デフォルト設定ではクリップボードの共有機能はオンになっています。)

クリップボードの共有

ページトップ

ハードディスクの共有

クライアントPCのハードディスクをサーバPC上で利用することができます。
これにより、クライアントPCのハードディスク内のデータをサーバPCから閲覧及び編集することが可能となります。この機能を使用するには以下の設定を行います。

はじめに、「Desktop VPN クライアント」の「共有設定」をクリックして、「共有設定」ウィンドウを立ち上げます。
次に、「共有設定」ウィンドウ内の「ハードディスクの共有機能を使用する」にチェックをして「OK」をクリックします。

ハードディスクの共有

以上の設定を行った後、「Desktop VPN クライアント」を起動して接続すると、サーバPCのマイコンピュータからクライアント側のハードディスクを参照できるようになります。これにアクセスすることでクライアントPCのハードディスクを利用できます。

※ダイアログの「注意書き」にも記載されていますが、この機能は便利な反面、使い方を誤ると、ネットワークを経由したコンピュータウィルス・ワームなどの感染や、機密情報の外部流出の恐れがあります。十分に注意して下さい。

ページトップ

プリンタの共有

クライアントPC上のプリンタをサーバPC上で利用することができます。これにより、サーバPC上でクライアントPC側のプリンタで印刷することが可能となります。この機能を使用するには以下の設定を行います。

はじめに、「Desktop VPN クライアント」の「共有設定」をクリックして、「共有設定」ウィンドウを立ち上げます。
次に、「共有設定」ウィンドウ内の「プリンタの共有機能を使用する」にチェックをして「OK」をクリックします。
以上の設定を行った後、「Desktop VPN クライアントを起動」して接続すると、印刷時にサーバPCからクライアントPCに接続されているプリンタを参照できるようになります。

プリンタの共有

※このプリンタの共有機能の利用については、クライアントPC上で利用しているプリンタドライバと同じドライバがサーバPC上にも同様にインストールされている必要があります。

ページトップ

シリアルポートの共有

クライアントPC上のシリアルポートをサーバPC上で利用することができます。これにより、サーバPC上からシリアルポートを利用するアプリケーションでクライアントPC側のシリアルポートを利用することが可能となります。 この機能を使用するには以下の設定を行います。

はじめに、「Desktop VPN クライアント」の「共有設定」をクリックして、「共有設定」ウィンドウを立ち上げます。
次に、「共有設定」ウィンドウ内の「シリアルポートの共有機能を使用する」にチェックをして「OK」をクリックします。
以上の設定を行った後、「Desktop VPN クライアント」を起動して接続すると、サーバPCからクライアントPCに接続されているシリアルポートを利用できるようになります。

プリンタの共有

ページトップ

プラグアンドプレイデバイスの共有

クライアントPCに接続したプラグアンドプレイデバイスをサーバPC側と共有することができます。これにより、クライアントPC側のプラグアンドプレイデバイス内のデータをリモート接続先のサーバPC側で利用することが可能となります。この機能を使用するには以下の設定を行います。

はじめに、クライアント側PCで「リモートデスクトップ接続」を起動し、「オプション」をクリックしてリモートデスクトップの詳細設定画面に移ります。

※ 「スタートボタン」 > 「プログラム」 > 「アクセサリ」 > 「リモートデスクトップ接続」で起動することができます。

プラグアンドプレイデバイスの共有
次に、「ローカルリソース」タブの<ローカルデバイスとリソース>欄の「詳細」をクリックし、表示されるダイアログボックス内の「サポートされるプラグアンドプレイデバイス」及び、それ以下全てのチェックボックスにチェックを入れます。
プラグアンドプレイデバイスの共有

変更した設定を、「全般」タブの<接続設定>欄で「保存」しておくことで、接続の際に用いる設定にできます。(Desktop VPNクライアントの設定ではプラグアンドプレイデバイスの共有設定は行えません。)

プラグアンドプレイデバイスの共有

以上の設定を行った後、「Desktop VPN クライアント」を起動して接続するとサーバPCのマイコンピュータからクライアントPCに接続されたプラグアンドプレイデバイスを参照できるようになります。これにアクセスすることでクライアントPCのプラグアンドプレイデバイスを利用できます。

ページトップ

サウンドの共有

サーバPC側のサウンドをクライアントPC側で聞くことができます。この機能を使用するには以下の設定を行います。

はじめに、クライアント側PCで「リモートデスクトップ接続」を起動し、「オプション」をクリックしてリモートデスクトップの詳細設定画面に移ります。

※ 「スタートボタン」 > 「プログラム」 > 「アクセサリ」 > 「リモートデスクトップ接続」で起動することができます。

プラグアンドプレイデバイスの共有

次に、「ローカルリソース」タブの<リモートコンピュータのサウンド>のプルダウンメニューを「このコンピュータで聞く」に選択し、設定を「全般」タブの<接続設定>欄で「保存」しておくことで、接続の際に用いる設定にできます。(Desktop VPNクライアントの設定ではサウンドの共有設定は行えません。)

サウンドの共有

以上の設定を行った後、「Desktop VPN クライアント」を起動して接続するとサーバPCの音声をクライアントPCで聞くことが可能となります。

ページトップ

Microsoft リモートデスクトップ接続ソフトウェアの選択機能

Desktop VPNクライアントはリモート接続にWindows XP以降でサポートされているリモートデスクトップ接続ソフトウェア「mstsc.exe」をデフォルトで用いてリモート接続を行います。そのため、Windows XP以前のOSでDesktop VPNクライアントを利用するには、あらかじめMicrosoft CorporationのWebサイトで「mstsc.exe」をダウンロードしなければなりません。このようなユーザーのために、Desktop VPNではクライアントでリモート接続の際に、この「mstsc.exe」を自動的にダウンロードして接続に使用する補完機能があります。

Microsoft Corporation のWebサイトから自動的にダウンロードした「mstsc.exe」の使用
(OSがWindows XP以前のユーザーが対象)

この機能を使用するには以下の設定を行います。
はじめに、「オプション」のボタンをクリックして、「Desktop VPNクライアントのオプション設定」を立ち上げます。

Microsoft Corporation のWebサイトから自動的にダウンロードした「mstsc.exe」の使用

次に、「Microsoftリモートデスクトップソフトウェアの設定」欄の「インターネット上のMicrosoft Corporation のWebサイトから自動的にダウンロードしたmstsc.exeを使用」を選択して「OK」をクリックします。

Microsoft Corporation のWebサイトから自動的にダウンロードした「mstsc.exe」の使用

これにより、自動的にダウンロードした「mstsc.exe」を用いてDesktop VPNを使用することができます。

ページトップ

既にダウンロードした「mstsc.exe」の使用(詳しい知識をお持ちのユーザーが対象)

この機能を使用するには以下の設定を行います。

はじめに、ダウンロードして展開してある「mstsc.exe」ファイルの場所を確認しておきます。
次に、「オプション」をクリックして、「Desktop VPNクライアントのオプション設定」 ウィンドウを立ち上げます。

すでにダウンロードした「mstsc.exe」の使用(詳しい知識をお持ちのユーザーが対象)

次に「Microsoftリモートデスクトップソフトウェアの設定」欄の「以下で指定する実行可能ファイルを使用」を選択してファイル名の項目に確認したmstsc.exeファイルの場所を入力するか参照を行い指定後「OK」をクリックします。

すでにダウンロードした「mstsc.exe」の使用(詳しい知識をお持ちのユーザーが対象)

これにより、別途ダウンロードした「mstsc.exe」を用いてDesktop VPNを使用することができます。

ページトップ